浴室リフォームで事故防止

高齢者に多いのが入浴中の事故です。浴室の段差が事故の原因となっていることがよくあります。

共同通信社の情報を掲載しませんか。

浴室の出入り口に10センチ程度の段差がある家もよくあります。

入浴中は裸になっていて、とても無防備な状態です。浴室は、つかまるところがなくて怖いからと、リフォームで手すりを取り付ける人が多い場所です。
また、すのこを敷いたり、リフォームで洗い場の床を上げたりするなど、段差を解消する方法もあります。

またいで浴槽に入る人、風呂椅子などに腰掛けて浴槽に入る人など、入り方もさまざまです。
和式浴槽や和洋折衷浴槽は深さが60センチ程度、最近のユニットバスは50センチから60センチが多くなっています。
「肩までしっかりつかりたい」と言う人が多いのですが、「うちのお風呂は深くて、またぐのが恐ろしい」と言う人もいます。


高齢者は、浴槽をまたぐときに体のバランスを崩すことも危険です。

洗い場から浴槽の上までの高さは、40センチぐらいが安全だと言われています。

また、浴槽に安全に移動するには、手すりがあると安心です。
お風呂の入り方が、元気なときと体が不自由になったときでは違うこともあります。



手すりが必要になってから体に合わせて、リフォームで取り付けるとよいでしょう。



お湯と水を別々に出して混ぜるタイプの蛇口は、温度の調整が難しく、高齢になると蛇口をひねる動作もしにくいものです。
一定温度のお湯が出る調整の楽な水栓が便利で、やけどなども防げます。