ダーツ用品、バレルの形状と特徴について - ダーツを始めるのに必要な用品

ダーツを始めるのに必要な用品

  • ダーツ用品、バレルの形状と特徴について

    • 通販サイトを使ってダーツ用品を購入する時、形状の種類や材質、重さなどの違いを把握しておくことが大切です。


      実店舗の場合、ダーツ用品を手に持ち重さや投げやすさを確認した上で購入が出来ますが、通販店の場合はスペックを見て判断しなければならないからです。
      初心者の場合は、初めての人用にダーツ用品をセットにした商品を用意してあるので、個別に選んで買うのではなく、入門者コーナーのセット品がお勧めです。


      バレルは実際に手に持つ部分で、大まかに分けると4タイプがあります。ストレート型は太さが均一になっているもので、全長が比較的長めのダーツ用品と言えましょう。

      太さも細いタイプが主流で、ストレートであり傾斜がないなどからも、握りやすさに若干劣るタイプです。

      ダーツ用品情報のことならお任せください。

      しかし、ある程度投げ方に慣れてくると、中指を前方にかけるような、3〜4本指のグリップでの投げ方はスタイル重視の人からの人気を持つダーツ用品です。

      トルピード型は魚雷型とも呼ぶもので、前方が太目、シャフト側に向かうに従い補足なるタイプです。
      傾斜角があるなどからも、握りやすく初心者にもお勧めのバレルです。



      砲弾型は太くて短いのが特徴で、中央付近が太くなっている、2本指グリップで投げたい人に人気を持ちます。



      スタンダード型は初心者向けで選ばれていることが多いもので、長さも短めのものや標準的なものなどがあります。
      傾斜があるので握りやすい、長さや太さが標準的などからも、投げ方の練習をしたい初心者にお勧めです。